menu

相続税と遺言を任せるなら税理士まで | 遺言と相続税を税理士に相談したい

HOME » 相続税と税理士 » 相続税と遺言を任せるなら税理士まで

相続税と遺言を任せるなら税理士まで

相続税や遺言で頭を悩まさているのなら、税理士に依頼することをおすすめします。
しかし「どうせ税理士に頼んだ所で問題が解決するわけがない」と、考えている方もいらっしゃるでしょう。
そこで税理士に相続税や遺言について依頼するメリットについて、取り上げます。

税理士に相続税や遺言について依頼する最大のメリットが、相続税対策にあります。
遺言について相談するのなら税理士だけでなく、弁護士や司法書士も受け付けています。
でも弁護士や司法書士のサポートでのこした遺言は、相続税について配慮されていないものがほとんどです。
「相続税よりも被相続人の気持ちが大切」と、いう意見もあるでしょう。
確かに被相続人の財産をどうするかは、本人の気持ちによるものが大きいです。
でも相続税について何も考えずに遺言をのこしてしまうと、家族の絆を崩壊させてしまいかねません。
財産も確かに重要ですが、家族の絆も大事です。

では税理士はどのようにして、相続税を抑え込むのでしょうか。
鍵となるのが特例です。
相続税は特例を上手く使えば、0円に抑え込むことも可能です。
例えば「小規模宅地等の特例」の場合、家を相続人に相続させる場合は80%引きの評価額になります。
1億円の評価額が2,000万円になったら、相続税の支払い額は数百万円は抑え込むことができます。
ただし特例は、誰でも簡単に使えるものではありません。
「小規模宅地等の特例」を適用するには、被相続人と同じ屋根の下で一緒に暮らしていたことが絶対条件です。
条件に当てはまっていないにも関わらず特例を使いたいからと税務署にゴリ押しをしても、門前払いがオチです。
逆に相続税の支払いをケチったと、変な目で睨まれてしまいます。

本来なら支払わずに済む税金を支払うことになれば、ご自身の生活にも影響が出ます。
現に相続税の支払いが原因となり貧困に陥ってしまう「相続貧乏」は、大きな社会問題となっています。
税金で苦しまないためにも、税理士に依頼するのが1番です

相続税参考サイト:http://support-sozoku.com/souzokuzei/