menu

税理士の選び方 | 遺言と相続税を税理士に相談したい

HOME » 相続税と税理士 » 税理士の選び方

税理士の選び方

相続について困ったことがあれば、税理士に相談するのがベストです。
しかし税理士の数は意外と多く、相続に強い税理士だけでも大勢いらっしゃいます。
しかし中にはとんでもない税理士もおり、余計なトラブルを招いているケースもあります。
そこで相続の手続きをスムーズに進ませるためにも、税理士の選び方について3つ取り上げます。

まず1つ目は、相続関係の仕事に慣れている税理士です。
相続で起こりうるトラブルは根が深く、最悪の場合は家族そのものを崩壊してしまいます。
しかもどういうトラブルが降りかかるかは、実際に手続きを進めない限りわかりません。
もしキャリアが浅い税理士が担当するとトラブルに対処できず、余計なトラブルを招いてしまうのがオチです。
でもキャリアがある税理士ならば、万が一のトラブルにもきっちりと対応してくれます。
キャリアがあるかどうかを見極める方法は、税理士の経歴です。
大手税理士事務所ならば、税理士個人の経歴がウェブページで公開されているかとおもいます。

2つ目は、真剣に話しを聞いてくれるかどうかです。
税理士は相続の状況について依頼者からしっかり話しを聞いた上で、対処に当たります。
つまり言い換えれば依頼者の話を聞かなければ、十分な対処もできないということです。
しかも相続は非常に難しく、デリケートなものです。
依頼者の話をおざなりにしている税理士では、余計な問題を増やしてしまいます。

そして最後3つ目は、通いやすい場所に事務所を構えているかどうかです。
大袈裟な話になりますが、北海道に住んでいるにも関わらず沖縄に事務所を構えている税理士に頼むとしましょう。
今は通信も発達しているので、できなくはないとおもいます。
でも相続財産の調査となると、税理士は沖縄から北海道まで飛ばなければならなくなります。
当然時間もかかり、効率的とは言えません。
北海道に住んでいるのなら、北海道に事務所を構えている税理士に頼むのがベストです。
万が一の時にもすぐに駆けつけてくれるので、心強いです。